援助交際という行為にプチも少しだけもない

援助交際の意味も知らないでやってしまう少女たち

まったく援助交際の意味も分からないのに、いきなり出会い系サイトに登録して、やってしまおうなんて・・・
今の若い子は何を考えているのか、さっぱりわかりません。
私の姪は今小学校6年生ですが、この姪がすごく悪いのです。
不良というのか、今はとにかく大人の言うことをまったく聞かないのです。
おじも叔母も困り果てているのですが、どうにもできないでいるようでした。
そこで私が彼女に会いに行かされたのです。
一番歳が近いということで。
彼女は私と話をしているときには、本当に普通の小学生って感じで、楽しく会話もできるのですが、そんな中、気になったことがありました。
携帯で色々な男性に会えるサイト知っているかと、いきなり聞かれた私。
それは出会い系サイトではと答えると、彼女は既に登録済みだといいました。
ビックリしましたよ、だってまだ子供ですよ。
その出会い系で援助交際をしてほしいと思っていると口にされたときには、気が遠くなっていくようでした。
どうやって育てたらこんな子供に育つのか?
しかも彼女は援助交際は、ただおじさんの話の相手をするだけでお金がもらえると言ったのです。
まったく何を勘違いしているのか、まあ高額年なのでセックスということがどういうことかは分かっているのではないかと思いましたが、それを口にできなかった私。
なので、遠まわしに肉体的に嫌なことをされてその対価だという説明をしました。
最初は信じていなかった彼女も、私がネットで調べなさいと言ってからサッとネットで観覧している表情は、こわばっていきました。
ちゃんと大人のいうこともこうして聞いておかないと、今に取り返しのつかないことになるということを、かなりきつめに言い聞かせました。
彼女がこれで少しは素直になってくれればいいのですが。
でも、私の言うとおり出会い系サイトはその場で退会しましたから、この分では大丈夫のような気がします。

援助交際の後悔した話

後悔したことが今まで一度だけあります。
それは援助交際をしていたことです。
この行為によって、本気で好きになった男性と別れることになってしまいました。
それは本当に偶然でした。
彼と付き合って半年ほどたったある日、過去に援助交際をしていた相手と会ってしまったのです。
私はすぐにあのときの相手だと気付きました。
なので、気をそらして回避しようとしたのですが、相手の男性に気付かれてしまって全てが彼にばれてしまいました。
男性も私に援助していたことをしっかり覚えていたのです。
何回もセックスして小遣いをやっただとか、額を上げる代わりになんでも強要されたことはしていたなどということを、全て彼に話してしまいました。
もう最悪ですよ。
その場の雰囲気に耐えられなった私は、逃げるように家に帰りました。
でも彼からの連絡は数日まったくなかったのです。
そして連絡がやっとあったかと思ったら、そういう汚いことをしていた女性とは付き合えないといわれてしまいました。
確かに援助交際を申し込んだのは私のほうからでしたし、出会い系サイトも彼と付き合って2ヶ月ほどは登録は解除しないでいました。
でも出会い系を利用はしていなかったのです。
彼がいるからと退会したのは確かですし、すごく心から彼のことが好きでした。
その彼に「汚い女」と言われてしまったことは、かなりショックでしたし、自分自身がとても恥ずかしい人間だと思いました。
後悔してもしきれないこの事実。
出会い系サイトで援助交際を募っていた私ですが、結果はこんなひどいものになってしまいました。
好きな人を失って、何もする気がしない毎日を送っています。
出会い系サイトを使うことすらめんどうになっています。
結局、こうしたものを利用している女性って、いつかバツを受けてしまうのでしょうね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ